四国八十八ヶ所お遍路歩き旅 7日目   2022/5/16 

昨晩泊まった碧で朝食をとった。女ご主人がおにぎりを2つ作ってくれたので一つ食べた。もちろん、昨晩コンビニで買ったハムやサラダ、バナナなども一緒に。そして車に乗せて頂き、昨日私をピックアップしてくれたところに行く。そこからスタートだ。途中、車の中で果樹園をされているのでその話を聞いた。また、田植えの早いことを話すと、なんとこの辺りでは3月に田植えをするところもあるという。早く収穫して他のものを植えるそうだ。

昨日のピックアップ地点に到着。これからは低い小山を抜ける道だ。大根峠を越えて川沿いの道に出る。そして川沿いを歩く。全部で約11キロ。1時間半ぐらいで済んで、第二十二番平等寺に到着した。山門をくぐると、なんとそこには前日会ったタイ人がいるではないか。後ろから少し驚かして挨拶。と、もう一人いた。日本人、昨日鶴林寺へ向かう道で会った方だ。お名前は竹内さんという。実は竹内さんは昨日、夕方にも太龍寺から下山しようとしているところでバッタリとロープウェイのそばで会った。回り込んで登った太龍寺で、これから息子さんと会うとのこと。携帯のバッテリーの受け渡しらしい。一方、竹内さんは昨日、タイ人と会い、3人して私の後を追うように太龍寺からいわや道を下山したらしい。私にとっては2組3人との同時再会だ。平等寺の長い階段を上がりお作法を済ます。タイ人の1人が足のマメが壊れ歩きづらそうなので、私はテーピングのテープを貸してあげた。

次は第二十三番楽王寺だ。主に55号線を歩く道と途中から県道に入って海側を歩く2つのルートがある。目的地は日和佐。私は海寄りの県道ルートで行こうとしていたが、平等寺で地元の方から説明を受け、国道55号線ルートに変えた。海側で行っても海が見えるのほんの少しで、距離が55号ルートより長いというのだ。海が見えると思っていた私は、では短いルートでと思い、変更した。しかし、15キロに及ぶ国道55号の歩きは辛かった。山の中なので景色の変化もなく、もちろん道の変化もない。ただただ歩く。足の裏、膝、すね側の筋肉が痛い。アップダウンがあり、アップが辛い。途中、「コーヒー」などの看板が立っていて、休憩しようと思うが、近づくと全て廃業している。歩道があるわけでなく、道路のわきを歩く。車はスピードをあまり落とさないので怖い。大きなトラックが走り抜けると体とトラックの間に風が起き、その風圧が恐怖。そして、休憩するところもない。信号などなく、ほとんど一本道なのだ。痛さに耐え、4時間以上歩いた。日和佐に到着する前4キロはほんとに辛かった。やっと薬王寺に着いた。大きなお寺で厄除で地元には愛されてそうなお寺だ。

寺で作法を済ませ、予約した宿「日和佐」に向かう。海の匂いのする街は懐かしの港町です、という感じで鄙びた感が私にはグッときた。途中、鉄道の下を通るが、その鉄道の橋の造りが心もとないつくりだ。これまで旅の途中で何度も鉄道は見たが全て単線だった。ここはJR牟岐線で、もちろん単線。下は町の普段の生活道路で、4、5m幅。その上を走る列車を支える橋なのに普通の橋の造りに見え、大丈夫かと思わず叫びそうになる。そんな弱々しい橋の下には左右の壁に仁王さんの絵が描かれていた、安心してねと言わんばかりに。宿に入って女ご主人から説明を受けていると、なんとそこでも再会があった。焼山寺への登りで一緒に登った方が部屋から出てきたのだ。再会が続き、びっくりだ。

部屋に入る。おお、これまででいちばん広い部屋かも知れない。大きな畳で八畳間。古い家のままで、大きな床の間などがあり、古き良きものが残っている。これは落ち着けるな。また、一階の広間に置かれた造形物や風呂場やダイニングの部屋の壁、それらがアートしているのだ。女ご主人に聞くと、旦那さんの作品のようだ。旦那さんはフランス人という。白の漆喰でのアート作品だ。フランスでお二人は芸術を通して出会ったのか、そして奥さんの地元で住むようになったのか、何かいろいろ想像してしまう。ここで再会したお遍路さんは清田さんという。私より二つだけお若い方だ。その時、清田さんは他の方と一緒で、その方も紹介された。その方はずっと若く40代でした。お名前は大政さん。ここも遍路宿で食事は出ません。お風呂に入り、近くの食事処「ひわさ屋」に行くと、他の2人も来られ、3人カウンターに並んで夕食をとった。カツオやタイの刺身に阿波尾鶏(あわおどり)と洒落た名付けをされた地鶏のフライを合わせた山海盛をいただきました。美味しかった。次から次にお客さんが来るので、人気のお店のようです。満足して宿に戻り、明日の計画を練っていると、うかつにも眠ってしまった。相当疲れていたのでしょうがないが、海辺の夜は冷える。目を覚ますと寒気を感じた。やばい、部屋にあった厚手の羽織を着込み、風邪薬を飲んで布団に入った。しかし、少しでも動くと寒気を感じる。しばらくじっとして横になっていたが、疲れで気は朦朧としながらも寒い。ふと、エアコンがあることに気づき、エアコンで暖房を入れた。暖かくなってきた。寒気を感じなくなり安心したのか眠りに入った。

今日の歩いた距離は29902m、歩数は42728歩。辿り着いた港町日和佐に

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. タイの方と再会できたですね♪美人だったら私なら絶対このチャンスを退かさんぞw

  2. 沢山の景色や人との出逢いを重ねて進んでいますね。涙もろくなった話を読みながら私も涙もろくなっています。お身体お大事に明日も頑張って!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。