四国八十八ヶ所お遍路歩き旅 45日目 2022/6/23

今日は宿を出て、北上し高松市内中心部へ行く。高松城を見て、香川県立ミュージアムにも行き、その後は国道11号線を東に行き、屋島に登って第八十四番屋島寺を打つ。その後は次の寺の手前にある今日の宿に向かう。

今日は朝から晴天。国道11号線を北に向かう。日陰が少なく、暑い。栗林公園、中央公園を越え、さらに北上。ところで、ここでは交差点で横断歩道ではなく、地下道を歩かされることが多かなってきた。歩いていると、歩行者は南北方向の道路では地下に、そして東西方向では陸橋を歩かされることが多いのに気づいた。どちらも歩行者に負担がかかる。お遍路する私は少しでも楽したいので、交差点で地下を潜らされたり、陸橋を上がらさられたりすると、メンタル的にもとても疲れる。お遍路さん関係なくとも、高松市の車優先の交通状況の在り方に疑問を感じた。約7キロ歩いて、やっと高松城のある玉藻公園に着いた。高松城は海水をお堀に取り入れて、海をうまく利用しており、日本の三大水城のひとつとして知られている。櫓や石垣が残っており、国の史跡に指定されている。高松城のすぐ横に県立ミュージアムがある。9時前に扉で待ち、9時開館と同時に入った。香川の歴史に関する展示が中心で、その中に企画展として「弘法大師空海の生涯と実績」をテーマにした展示があった。実はこれが目的でここに来たのだ。空海が多面的に天才だったのがよく分かる。特に自筆の文は、彼が達筆であったのがよく分かる。

展示を見て、今度は国道11号線を東に歩いた。源平の屋島の戦いで有名な屋島に建つ屋島寺を打つためだ。7キロほど歩いて麓に着いて、後はお遍路道を使って上る。かなり急な坂道をゆっくり歩く。地元の方々もよく登っているようで、私が登り始めた昼ごろには下山する多くの方とすれ違った。日課のように登っている方もいるらしい。登り始めて40分程で屋島寺に着いた。大きな敷地を持ったお寺で、多くの方が参っていた。お作法を済ませ、明日の次の寺に向かうため、反対側から下山する。納経所で下り口を聞くと、滑るので足元お気をつけて、と言われた。下り口を見つけると前にお年寄りの方が降り始めていた。お年寄りでも大丈夫なのだ、と思ったのが大間違いだった。降り口はかなり急で、土が粘土質なのか昨日の雨のせいなのか、ズルズルと滑る。滑りやすい、今の靴だとよほど注意しないといけないかもな、と思った瞬間だった。足を滑らせ、私は背中から坂下に落ち、一回転して道から外れた木の幹で止まった。うっ、痛い。しかし、メガネは外れていない、助かった。周りを見ることができる。前にかけた小さな鞄からスマートフォンが飛び出していたが、拾える所にあった。ペットボトルは遠くにあった。スマホだけを取り、カバンに納め、アドレナリンが出た興奮状態で無意識に下山を継続した。5,6m進んで止めた。下りの傾斜のきつさは変わらない。スマホとメガネが助かっただけでも良いと思え、無理をしてはダメだ、とお大師さんに言われてる気がした。私はとりあえず下山をやめ、ゆっくり慎重に登って、降り口まで戻った。どうしようか。戻るしかない。屋島を登ってきた道を戻る。そして麓で大回りして、今日の宿に向かう。当初予定より多く歩くことになるがしょうがない。そう決めて歩き出すと、痛みを改めて感じた。左腰上部と右太腿前部が痛む。転倒時に木か石にぶつけたのだろう。何か本来の遍路道を諦めた挫折感を感じながらも、よく戻る勇断をしたという誉める気持ちが入り混ざって歩いた。さらに暑い、痛いも混ざり、道が良く分からない。なんとか近くまできたが、ここでもよく分からず、挨拶してくれた小学生たちに旅館か大きなうどん屋のある場所を尋ねた。親切な1人が、一緒に歩いてうどん屋を教えてくれた。今日、夕食を食べることになる「うどん本陣山田屋本店」だ。その先に今日の宿、高柳旅館は同じ並びであった。

旅館に入り、ご主人に屋島寺からの下山で転倒したことを話した。すると、あそこは88カ所で最後の難所と言われている所。岩自体が薄く剥がれる岩で、大変危なく、何人も大きな怪我をしているという。私の前を歩いてお爺さんなどは、だいたいが地元の人で慣れている方だろう。足が本調子でないなら、やめたことはよかったなのでは。ただ、その下山の遍路道の同じ側に走っているスカイウェイは今は歩いても良くなったから、そこを下りてきてもよかったのに。遍路道があまりに危険で何人も怪我するので、歩いてよくなった、という。有料道路だからきっとだめだろうと思い、私はあきらめたが、よかったのか。でも、何か自分の勇断は良かったかと思うと、ホッとした。風呂に入りスッキリして、山田本店に行った。大きな店で値段は決して高くない。ざるうどん御膳におでんの小、ハイボールを頼んだ。先に出てきたハイボールが美味い。おでんも美味い。御膳にあるエビの天ぷらも中が熱々で美味しい。うどんは大根おろし、ネギ、ゴマの薬味を楽しみながらぶっかけで食べた。美味しい〜。お腹いっぱいで宿に戻り、直ぐに眠くなった。そういえば、昨晩はあまり寝ていなかった。寝不足に日照り、そして重いリュック、転んでもしょうがない。大きな怪我にならなかっただけ、よかったよかった。お大師さんのお陰です。宿のご主人からいただいた消炎剤を塗り、その晩はグッスリ寝た。

今日の歩行距離は27723m、歩数は39612歩。よい判断だったな、満足。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。