四国八十八ヶ所お遍路歩き旅 22日目 2022/5/31

金剛福寺を終え、今日は下ノ加江の宿、安宿(あんじゅく)に戻る。安宿に今回不必要な荷物は残してきたからだ。いかにして荷物を軽くして歩くか、これはお遍路にとっていつも課題だ。今回も道順を考え、また戻ってくる道順に決めたので、お参りに必要な最低限に着替えを持つだけにして、荷物が軽い状態で金剛福寺まで歩けた。

足摺岬の翌朝は晴天。気持ちいい。昨晩、靴に二度新聞紙を詰め込み、水分をとったおかげで靴も乾いた状態。だから、歩行による足の痛さもさほどない。足摺半島は西海岸回りでよかったのに、私は何か勘違いしてか同じ道を戻った。しかし、昨日が雨の中だったので、晴れに歩くと何か見える風景が新鮮だった。今日まず驚かされたのは道路にいた蛇だ。1.5メートルはある長いやつで、びっくり。もうこれで、蛇との出会いは4回目、ちなみに猿は1回、たぬきも1回。空青く、風冷たく気持ちいいので、歩いていて楽しかった。車もめったに来ず、もちろん人と出会うこともない。天上天下唯我独尊だ。昨日は遍路道はさほど気にせず、舗装道路中心で歩いたが、今日は一つ一つ、遍路道もチェックしながら歩いた。

大岐の海岸ではまた砂浜を歩いた。今日はサーフィンを楽しむ人が数人いた。綺麗な海に砂浜。砂浜の端では、らっきょの収穫をしていた。道路のほうに戻ってきて気がついたのだか、ここまで砂地だ。だから、ここでもらっきょ、そしてサツマイモ、サトウキビが植えられていた。サトウキビ、こちらではカンショと呼ぶようだ。見てもまったく分からなかった。足摺半島の西海岸を見損なったのが少し悔やまれる1日でしたが、足は水ぶくれもなく歩けたのでよかった。

最後にこちらではあまり見かけないと思う南国の花を見て下さい。名前は分かりません。

本日の歩行距離は29811m、歩数は42593歩。晴天はやはりいい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。