青空の下、入笠山で目一杯、雪遊び  2022/2/26

中央アルプスが遠くに見え、右は御岳山か
甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳と続く南アルプス、左端には富士山

やっと山に行けました。今年は雪がどっさり降り、多くの人が雪山登山を楽しんでます。登山用品店ではアイゼンや輪かんじきがたくさん売れ、品薄状態になるほどです。その上晴天が続いている今、行かないわけがない、と思いつつも仕事だったり、ふくらはぎにダメージを負ったり、などなどで行けなかったのでストレスは200%。ということで昨日、急遽行先を決め、用意をして出かけました。行先は南アルプスの北に位置する長野県の入笠山。

昨日、えきねっとで買ったはずの「あずさ1号」の特急券が駅の切符販売機で「紐付くものはありません」と断られ特急券をゲット出来ず、朝一番しょっぱなから挫けてしまいました。駅員に聞くと、チケットレスで購入済みですから、スマホを見せていただければ良いとのこと。なるほど、知らぬまにチケットレスで購入してたのか。えきねっとが進化している。もっと普段から使っておかないとだめだな、反省1。車中の人となって特急の中でトイレに行って手を洗ったら、ハンドタオルがポケットに入っていなかった。ガ〜ン、ハンドタオルだけではなく普通のタオルも忘れてきたことに気付いた。ショック! 汗が拭けない。もともと雪山登山はできるかぎり汗はかかないようにした方がいいのだがやはり汗はかく。そんな時に汗も拭けない、風呂に入るにもタオルを買わなきゃいけない。準備は万端に、タオル忘れず! 反省2。

富士見の駅に着いて、タクシーを手配。予定していた沢入登山口をお願いすると、なんと雪が深くて行けませんと返答。昨日車で行った人がいることはSNSで知っていた。しかし、確かに登山口の駐車場の写真には雪が多く残っていた。タクシーは行けないのだ、しょうがない。ゴンドラで上がることにして、山麓駅に向かった。 スキー客と半分ぐらいの人数の登山客。ゴンドラで約10分間揺られて山頂駅に到着。少し歩くと、すぐ目の前に表れたのは八ヶ岳の全貌。南八ヶ岳から北八ヶ岳まで全部見渡せる。ああ、感動〜。感動ばかりはしてられない、アイゼン装着して登山開始。この2年ほど、雪山はスノーシューばかりだったので、今日はアイゼンと決めていて、10本爪アイゼンでガツガツと闊歩。昨日までの冷え込みが今日はゆるみ、寒さでつらいということはなかった。1時間20分ほどの登山で山頂に着いた。ウッハー、360度眺望、空気が澄んでいて、すべてが綺麗に見渡せた。北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山、八ヶ岳。夏に登ったことがあったが、こんなに眺望が良かった記憶がない。気持ちいい〜。ずっと眺めては写真を撮り、写真を撮ってはまた見とれ、を繰り返した。

風もあまりなく暖かかったので、雪の山頂で八ヶ岳を眼前にして雪上に座って食事をすることにした。雪山の頂上でごはんを食べるのは初めてだ。これも感動! これまでは、雪山の頂上はせいぜい15分もいれば寒くて下山を始めるばかりだった。持って来た食事は、お湯を入れるだけのカニ雑炊にハムチーズパン。カニ雑炊は量が物足りなかったが味が抜群。温かくて、とても美味しかった。さて今回は簡単ドリップ式のコーヒーも持参したのでコーヒーを淹れようとした矢先、なんとナント、アイゼンの装着ベルトが切れたのだ。締め過ぎが原因か? にしてもこんな大事なものが切れるのか、ふざけるな! 私も切れた。しかし何故か、今回はなんとモンベルのチェーンスパイクも持参していた。アイゼンの類いをふたつもザックに入れるなんてことは、今まで一度もなかった。辛うじて、これで下山も何とかなる。切れた頭を落ちつけてコーヒーを淹れ、ゆっくり味わいながら飲んだ。あったまったら、下山の用意。用意は出来たが、また眺望に見とれ名残り惜しく、なかなか下山へと足が向かなかった。頂上でこんな綺麗な光景はなかなか見れないからね。下山途中、みんなが雪の上を尻ソリで滑って遊んでいるところに遭遇した。私もソリは持っていなかったがパンツのままで滑った。足を高く上げて加速! 子供にかえった気分でした。

たくさんの犬達も登山を楽しんでいた
雪におおわれた湿原地帯

下山後は日帰り温泉の「ゆーとろん」まで歩いた。硫黄の混じったアルカリ温泉でゆったり。きもちいい! お風呂を出て、さて一杯かと思ったら、コロナのまん延防止宣言にもとづいて食事はOKだがお酒が出されていなかった。ショック! しょうがない、コンビニでお酒とアテを買って飲むかと決め、タクシーを手配。タクシーでその話をしていると運転手さんいわく「酒屋がやってる一杯飲み屋の店が開いてるかも」と、もちろんそこを通過してくださいとお願いして行ってみると開業していた。そこで止めてもらって店に入ると日本酒のショットバーで、「YOHAKU」という店名の洒落た店だった。おみやげにいぶりがっこが売られていたので、それを買ってお願いして切ってもらい、飲んだことのない日本酒を2種選んで2合飲んだ。本当はもっと飲みたかったが、電車の時間がせまってきたので切り上げ、駅までホロ酔い気分でテクテクと歩いた。駅に着くとあと10分あるので、仕上げにきつねそばを食した。これもうまい、さすが信州そば。あとは車中の眠る人となり、夢中で雪中にいた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。